八戸インプラントサポート

インプラント治療に対する八戸インプラントサポートの考え



悩む前にまずはお電話を

  • インプラント10年保証
  • インプラント治療に対する当歯科医院の考え
  • 歯科用CT
  • インプラントについてのよくある質問
  • 当歯科医院のアクセス・治療・ご相談について
当歯科医院ドクター紹介

院長 宮川 聡文
ドイツオーラルインプラント学会(DGZI)認定医

八戸インプラントサポート携帯サイト

八戸インプラントセンター携帯サイト

トップページ > インプラント治療に対する八戸インプラントサポートの考え

インプラント治療は悪くなった病気を手術するのとは違い、歯は喪失したものの基本的に健康な組織にメスを入れることになります。それは我々歯科医師にとって精神的にプレッシャーになります。そのプレッシャーを少なくし、患者さんに安全な手術を提供するためにCTスキャンや解析ソフトを駆使するわけです。

ただしこれらは1つのツールにすぎず、熟練を要する場面に出くわすこともあります。


よく他のHPで見ますが
「腫れない、痛くない、その日に咬める」
とうたっているものがあります。
その日に咬めるようなインプラント治療をすることもありますが、
すべての症例が対象になるわけではありません。

私は「慎重すぎるぐらい慎重でちょうどいい治療」だと思っています。
また近年インプラント治療が市民権を得てきている一方、インプラント治療がらみのトラブルもあります。CTスキャンや解析ソフトを駆使し、さらに手術中の全身管理が難しい場合に麻酔医をお願いするわけです。

なぜそこまでしてインプラント治療を行うのかといえば、

という一言につきます。
インプラントはわれわれ歯科医師の中でも賛否両論ですが、個人的には必要な治療方法であると思っています。という一言につきます。
ただ、インプラント以外の治療方法がベターと判断した場合は、そちらをお勧めすることももちろんあります。



残念ながらインプラントは健康保険の適応外です。
よく電話で「一本おいくらですか?」とお問い合わせをいただくことがありますが治療費だけで比較するのはいかがなものかと思います。
手間のかかる治療法ですから安いには安いなりの、高いには高いなりの理由があります。

インプラント治療はメリットと留意点があります。

【インプラント治療の利点】

  • 両側の歯を削る必要がない。
  • 咬み応えなどの使用感も自分の歯にかなり近い。

【インプラント治療の留意点】

  • 人工歯根を埋め込む手術が必要。
  • 治療終了までの期間がかかる。
  • 健康保険の適用外である。

そして(歯科治療全般にいえることですが)山登りに似ていると思います。
坂道を登っているときは苦しく、ときにはつらいわけですが、山頂にたどりついたときの爽快感、満足感は何者にも代えがたいわけで…。
この気持ちが少しでもわかってくださる患者さんとは末長く良いお付き合いができるものと思っております。