八戸インプラントサポート

歯科用CT



悩む前にまずはお電話を

  • インプラント10年保証
  • インプラント治療に対する当歯科医院の考え
  • 歯科用CT
  • インプラントについてのよくある質問
  • 当歯科医院のアクセス・治療・ご相談について
当歯科医院ドクター紹介

院長 宮川 聡文
ドイツオーラルインプラント学会(DGZI)認定医

八戸インプラントサポート携帯サイト

八戸インプラントセンター携帯サイト

トップページ > 歯科用CT

歯科用CTの有効性について

当院では、より安全で正確な診療と治療を行う為にCTを導入しています。
CTはレントゲンと違い、断層撮影が出来、しかも見たい場所の断層を見ることが出来ます。
ここではCTの特徴をご紹介します。

歯科用CT

歯科医学の発達は目覚ましいものがあります。

歯科治療においてレントゲン撮影は治療上大きな役割を果たします。しかしながら従来のレントゲン撮影は立体を平面にしたものであり、症例によっては参考資料程度にしかならない場合も多々ありました。参考資料を見つつ経験と勘で治療を行わざるを得ない部分があったのは事実です。
「何とかならないものか…。」
近年、歯科用CTの発達によって、この悩みは解消されつつあります。

たとえば、ゆで卵を2つ渡され、「黄身の大きさはどちらが大きいでしょうか、卵を割らずに答えてください」 と質問された時どうしましょう?

輪切りにすれば一目瞭然ですが、それはできません。そんなときCT撮影を行えば卵を割ることなく、黄身の大きさはもちろん容積まで計測できます。
歯科治療においても同様に、組織を傷つけることなく、正確に病気等の位置や大きさが分かります。それは正確な診断、治療に結びつくのは言うまでもありません。

レントゲン
歯の根元が割れている可能性がありますが、レントゲン写真では判断が難しい状態です。
CT
CT画像では、より鮮明にあらゆる角度から立体的に見ることができるため、レントゲン写真では判断が難しかった症状も発見できます。
見えないものが見える
一般のレントゲンで見えなかった部分が容易に確認できるようになります。
人工歯根を埋め込む際に重要な顎の内部構造などの情報も詳細に見ることができます。
わからなかったことがわかる
歯だけでなく、副鼻腔(鼻の奥)の形態や粘膜の状態、病巣などを立体画像で確認できます。
治療の安全性が広がる
精密な診査・診断が可能になる事で、インプラント治療を安全に行なうことができます。
当院ではこのようにCTによって、より正確な診断と治療を行なっております。

CT撮影の流れ

CT撮影の流れ 1.診断

CT撮影の流れ 1.診断

症状などを直接お聞きし、口の中を診ます。

CT撮影の流れ 2.撮影

CT撮影の流れ 2.撮影

撮影は30秒程です。
撮影時に着衣の上から、前掛けを羽織って頂きます。

CT撮影の流れ 3.説明

CT撮影の流れ 3.説明

撮影データを基に、現在の歯と口の全体の様子、症状に対する治療方法をご説明します。